失敗しない看護師派遣会社の選び方!時給2,000円以上の単発・短期の求人を見つけよう

悪質な看護師派遣会社を見分ける方法について。好条件の派遣求人や、単発・短期の派遣求人を見つける秘訣を紹介します。

メディカルジョブ・アポプラスの口コミ☆看護師派遣求人について

メディカルジョブ・アポプラスの口コミとおすすめ3つのポイント

 

 

メディカルプラス・アポプラスがおすすめの3つのポイント

ポイント1・時給2,000円以上の高給求人が多い

「地方だと高給な求人ってなかなかないけど・・・。」

「時給2,000円以上の求人って、ハードな職場が多いんでしょ!?」

地方の看護師派遣求人は、時給2,000円以上の求人が少なく、短期間で効率よく稼ぐことができませんでした。

でも、アポプラスの求人は時給2,000円以上の高給求人が多い

週3~4日の派遣で、常勤以上に高額を稼ぐことができますよ。

ポイント2・健診や企業など人気の求人が多い

「企業ナースの求人ってあまりないし、人気があるからすぐに埋まっちゃうんでしょ?」

「健診の仕事って登録制なの?どこで登録すれば良いのか分からない」

一般的な看護師派遣会社は、企業や健診などの派遣求人はなく、介護施設の求人が大半です。

でも、アポプラスでは、人気の健診派遣や企業ナース派遣の求人がたくさんある

事前に登録をすることで、優先的に希望条件に合う求人を紹介するから、働きたいときに働ける。

 

ポイント3・人気のリゾート地で働く!リゾートナースの求人が豊富

「リゾートナースって興味あるけど、もし職場が合わなかったらどうしよう・・・?」

「遠いと引越しにもお金がかかるし、誰も知らない土地に行くのもちょっと不安かも・・・。」

一般的な看護師派遣会社ではリゾートナースの求人はなく、介護施設での求人が大半です。

でも、アポプラスでは全国に支店があるから、全国各地のリゾート地の求人紹介ができる

リゾートナースは、すぐに仕事が始められるように、赴任に関する費用は病院側が負担。

家具・家電つきの看護師寮に入れるからお金はなくても大丈夫!

 

 

ナース派遣が可能か必ずチェックしよう(´∀`*)

派遣免許番号を確認しましょう!

 

メディカルジョブ・アポプラスの口コミ☆派遣ナースの体験談(´∀`*)

 

 

派遣で治験ナースに初挑戦☆メディカルジョブ・アポプラス

私はアポプラスに登録し、全く未経験だった治験ナースとして働くことになりました。

時給は2,000円からスタートで、経験のある方は時給アップできるとコンサルタントさんに聞きました!

私は独身時代はがん専門病院に努めており、治験ナースと一緒に仕事をしていました。

治験ナースは治療に積極的に関わることができ、患者さんも治験薬や新薬に期待を寄せている方が多く、とてもやり甲斐のある仕事に感じましたし、一緒に働いていた治験ナースはとてもキラキラして見えました。

病棟では治療方針や治験の予定について、カンファレンスが積極的に行われていましたが、治験ナースは病棟のケースカンファレンスにも参加し、皆の前で治験の予定や流れについて話をする機会が多くありました。

疾患の経過や、新薬・治験薬に対する理解が深く、常に勉強が必要なんだろうな~と憧れるようになりました。

とは言っても、治験コーディネーター(CRC)の専門資格があるわけでもなく、看護師からCRCに転職をするケースが半数近くいると聞きました。

以前のがん専門病院でCRCをしていたナースも、病院独自の判断でがん専門の臨床経験が5年以上で、病院独自の研修や実習を積んでいること、製薬会社が主催の勉強会に参加し知識が豊富なことなど、いくつかの条件がありました。

今回の派遣の仕事は、看護師免許を持ちCRCへの転職を希望している人もOKとの条件でした。

私はがん専門病院での臨床経験が5年ほどあるので、CRCへの転職は有利とのことでした。

まずは、CRCとしてやっていけるのかを確かめたくて、期間限定の派遣ナースとなりました。

CRCとしてどこの職場に所属するのかで業務内容や役割は違ってきます。

がん専門病院に所属するのか?SMOに所属するのか?など、CRCとしてやり甲斐のある仕事ができる環境はどこなのかを事前に知りたかったのです。

今回の派遣求人は、港区内のSMOでの業務で、都内のクリニックや病院に出向いて治験を行います。

ドクターや薬剤師とチームとなり、治験患者さんのいる医療機関を訪問して治験を進めていきます

いくつかの医療機関を担当するので、患者さんと医療機関との連携、製薬会社と医療機関との連携など、CRCが間に入って、スムーズに治験が進められるようにサポートします。

治験の期間は、患者さんの状態を時間経過と共に細かく記録しますが、その記録方法については医療機関のスタッフに説明をして、実際に行ってもらいます。

CRCは、医療機関からの報告やデータをもと治験の評価をし、治験を続けるのか終了するのか判断をしていきます。

治験の期間中は、かなりの回数の検査を行うため、患者さんや家族との信頼関係がとても大切です。

がん患者さんは、藁にもすがる気持ちで新薬に期待していることがあるので、治験に全てをかけている方もいますが、必ず効果が見られるわけではありませんし、中にはプラセボも含まれています。

治験を途中で終了しなければならなくなった時や、治験が終了したあとに容態が悪化してしまった時の患者さんや家族のフォローも大切な役割です。

医療機関の部外者が治験で深く患者さんや家族と関わるので、信頼関係を築くのが大変な面もありますが、その分、医療機関のスタッフと連絡を蜜にして、より良い治験が行えるようにサポートしていきます。

今回の派遣を通して、治験ナースとしてもっと勉強したい!と思うようになったので、派遣期間を更新して、さらに仕事を続ける予定です。

このSMOは、福利厚生がとても充実していて、女性が働きやすい職場です。

結婚・出産後の職場復帰率は100%と聞き、やはり働きやすい職場は違うな~と納得しました(´∀`*)

アポプラスでこのように条件の良い職場を見つけることができたので感謝しています!

(東京都 30代)

 

デイサービスでスポット派遣☆メディカルジョブ・アポプラス

メディカルジョブ・アポプラスは全国に支店がある大手の人材派遣会社です。

アポプラスには、単発・短期の派遣求人がたくさんあります。

スポット求人に限ると、デイサービス・老人ホーム・健診の求人が多いです。

その中でも、ブランクOK、残業なし、未経験可など働きやすい条件が揃っているのがデイサービスセンターです。

デイサービスは、通所リハビリの施設なので、医療の提供ではなく介護が中心の施設で、医療行為はほとんどありません。

私は静岡市内のデイサービスにスポット派遣に行きました。

デイサービスは、常勤スタッフは7~8時に出勤し、利用者のお宅にお迎えに行くことから始まります。

派遣ナースは利用者が到着する8時30分~9時以降からの出勤がほとんどです。

派遣ナースが送迎に関わることはほとんどないです。

先日行ったデイサービスは、1日定員45人の施設で、主にパワーリハビリに力を入れている施設でした。

1日45人の定員で、介護士が8人、看護師が4人、加えて管理者(常勤)が1人でケアに当たります

医療行為がほとんどない中での看護師4人体制は恵まれていると言えます。

私はデイサービスには何度も派遣されたことがありますが、どこの施設もそれほど大差はなく、1日が淡々と過ぎてしまうので、印象に残っている施設やスタッフはありませんでした。

先日は、デイサービスに派遣されて初めて、想定外の急変があり、救急車に同乗して近医を受診しました

急変されたのは90歳の男性の利用者で、既往歴は心筋梗塞・狭心症を数回繰り返しており、ステント手術、心臓バイパス術をしているが、ここ数年は再発もなく状態は安定していました。

その日はバイタルも変わりなく、いつも通り入浴を済ませ食事も完食、午後からは日課の施設外への散歩に出かけ、1階から2階の階段を3往復して、OT訓練として油絵を書きました。

とくに変わりなく、送りの前に高齢のカラオケをして、1曲歌いました。

その後、送りの前にトイレへ誘導しようとしたら、突然倒れ意識レベルが3桁になり、すぐに救急要請をしました。

救急車が到着するまで10分ほど、その場で仰臥位に寝かせ呼吸の確保。

脈は弱く、呼吸も浅くなっており、顔面蒼白、チアノーゼが出てき始めました。

デイサービスには救急カートの用意がありますが、本当の急変時には使い物にならないものばかり乗っています。

12誘導がある施設もありますが、機械を使えるスタッフが少なく、あまり意味がありません。

救急車を待っている間は、呼吸と脈はあるため、経過をメモしながら、ケアマネや担当医へ連絡し指示を仰ぎました

チアノーゼが出ているため、酸素3リットルを流すようにとの指示で酸素マスクを装着、spo2は抹消が冷たくて感知しません。

血圧は機械だと測定不能なので、手と足で手動で測定。

脈が弱く、しっかりとして聴診ができず血圧不明。

ショック体位を取り、安楽な体制を整えていると救急車が到着。

救急隊の方3人と、看護師でストレッチャーに移しすぐに救急車の中に移動し、機械類を装着。

血圧は上が40しかありません、spo2は80、モニターは徐脈で不整脈が出ています。

緊急を要する状態のため、救急隊への申し送りの余裕がないため、携帯での状況報告を私が行いました。

幸いなことに掛かり付けの循環器科のある病院は、デイサービスの近所ですぐに救急外来を受診することになりました。

救急車の中で意識レベルが回復することなく病院に到着。

救急処置をしながら、スタッフに口頭で申し送りをして、その場で挿管、手動で酸素を送り込み、ルート確保、点滴を高速でドリップ・・・・延々と処置が続き、処置をしながらCTを取りに行きました。

CTの結果は3本ある冠動脈のうち2本が梗塞しており、残りの1本も細くなっている状態。

すぐにオペが行われましたが、酸欠状態が長く続いていたことや、もともとの既往歴、年齢的な問題もあり、その1週間後に亡くなられたと聞きました。

デイサービスは、比較的に元気で介護度が高くない方が多いので急変は多くはありませんが、高齢者が中心の施設では、予想外の急変が起こるものです。

デイサービスに勤めていると、緊急時の処置方法なんて忘れてしまうし、急に目の前で急変が起こっても対処できないです。

やはり普段から緊急時の対応を経験していないとダメだなと実感しました。

どこの施設や病院でも、このような予想外の急変は起きるものなので、もし急変があった時、自分はどのように動けば良いのか、あらかじめシュミレーションをしておくと慌てなくて良いと思いますよ!

(静岡県 30代)

 

産休代替で短期派遣☆メディカルジョブ・アポプラス

短期限定の産休代替派遣で、柏原市(大阪府)の国分病院を紹介していただきました

メディカルジョブ・アポプラスは、全国に支店があり、求人数もとても多いですね!

産休代替派遣の良い点は、紹介予定派遣とは違い、派遣終了後も直接雇用になる必要がないと言うことでしょうか。。。

派遣ナースにとっては、紹介予定派遣はあまりメリットはないというか、なるべく長く派遣をしてい人の方が多い気がします。。。

派遣の方が給料が高いし、条件交渉も派遣会社が間に入ってくれるからスムーズだし、職場が嫌になったら辞めるのも簡単ですし。

私は、なるべく長く派遣を続けたいけど、長期の派遣は紹介予定派遣ばかり・・・。

今回は産休代替派遣なので、5ヶ月間のみの期間限定派遣です。

国分病院は、一般病棟・精神科病棟のある病院で、地元では評判の良い病院です。

病院は新しく、内装もホテル並みに綺麗で清潔感があります。

アポプラスのコンサルタントさんからは、「国分病院は福利厚生が充実していて働きやすいからスタッフの離職率が低くて、なかなか募集は出ないんですよ。」と聞いていましたが、病院訪問をしてみて納得!

とにかく、病院の雰囲気がとても良いし、スタッフの方も皆さん笑顔で、暖かい感じが伝わってきました。

たった5ヶ月の期間限定派遣とは言っても、やはり働きやすい環境は魅力的ですよね(´∀`*)

私は精神科病棟に配属となりましたが、精神科病棟は未経験です・・・。

学生の精神科病棟の実習以来でしょうか。。。

国分病院の精神科病棟は、精神科病棟と言うことを忘れてしまうくらいに、居心地の良い環境です。

私は実習の時の閉鎖的な精神科病棟のイメージが強かったので、精神科=暗くて閉鎖的と言うイメージがありましたが、この病院は全く違い、まるでホテルにいるような感じです。

ホスピタリティに溢れている環境で、患者さんはもちろんのこと、ここで働くスタッフの精神的な安定や、ストレスの緩和にも繋がっていると思います。

精神科病棟は、一般病棟のような忙しさはありませんが、やはり精神的な負担が大きいなと思います。

病状にもよりますが、コンタクトが取りにくい患者さんが多かったり、表情がなく会話をしているのに神経が磨り減ってしまうような感覚になったり、患者さんの背景を知ると同情してしまったりするのですが、私情を挟むとこちらが参ってしまいます・・・・。

精神科病棟のナースは、仕事は仕事と割り切れる方の方が向いていると思います。

感情が表せなくなっても、表情がなくなり機械のようになってしまっても、淡々と仕事をこなすだけです。

精神科では医療行為は比較的少ないですが、点滴や内服管理は多いですね。

精神科病棟では、患者さん1人1人に合った医療やケアを提供するのは難しい面もあります。

一般病棟のように、患者さんの状態や治療の目標などに合わせて、1人1人の看護計画を立てると言うよりは、危険の回避や日常生活全般のサポートが中心という感じです。

一般病棟との違いを知り、精神科病棟の楽しさを知れば、きっと楽しくてハマってしまうんでしょうね。

私は5ヶ月間の短期なので、その後も精神科病棟にまた務めたいと思うかどうかはまだ分かりません。。。

いろいろな職場を経験出来たのは良かったし、新しい人間関係が作れたのも良かったと思っています。

産休代替派遣のように、短期間限定の派遣で、いろいろな職場を経験するのも楽しいですよ(´∀`*)

アポプラスは、産休代替派遣の求人が多いのも嬉しいですし、派遣期間が終了したら、次も期間限定の産休代替派遣が良いな~と思っています!

(大阪府 30代)

 

老健の紹介予定派遣☆メディカルジョブ・アポプラス

私はアポプラスの紹介で、老健の紹介予定派遣をしています

派遣の経験は5年くらいあり、その間は単発派遣や短期派遣をしていて、ぜんぜん働いていない期間があったり、マイペースに仕事を続けてきました。

紹介予定派遣は今回が初めてで、子供が小学校に入ったのを機に常勤かパートに移行しようと思っています。

私は結婚してから病棟で働いたのは2年くらいで、整形外科病棟の経験しかなく、その後はブランクも長いため、一般病院への転職は考えていません。

老健や老人ホーム、老人病院など介護施設への転職を考えているので、今回は転職前に老健で働いてみて、本当に続けていけるのかを見てみたいなと思っています

老健で実際に働いてみると、一般病院とは随分と違いますね。

老健は、いずれ在宅復帰する予定だけど、まだ治療が必要という方が対象なので、積極的に治療をするというよりは、在宅復帰に向けてリハビリを中心に機能回復や維持を図るのが目的です。

でも、老健もさまざまで、療養型病棟に入るような患者さんも受け入れているのが現状です。

私がいまいる老健は、入所者の介護度は要介護3や4の方が大半で、重症度が高いです。

ADLも低く、日常生活の全般的な援助が必要な方も多いので、医療ケア+介護サポートが必要という状況の方が多いので、業務量は多いですね。

老健は基礎疾患がある方が大半なので、治療を継続しながらリハビリをしています。

基礎疾患のある高齢者ですから、急変の危険性も他の介護施設よりも高いですね。

循環器や脳外科の既往の方が多く、再アタックの危険は常にあります。

老健はいずれ在宅に帰る予定の方が大半なので、見取りは本来なら受け入れないのですが、予想できない急変で見取りが必要となる方もいますし、家族の希望で見取りまでを希望される方を受け入れなければならないのが現状です。

老健は、介護施設だからゆったりとマイーペースに働けるというイメージとは違うなという印象ですが、医療ケアが多いため、看護師としてのやり甲斐を感じます

身の回りのサポートだけでは、やり甲斐を感じにくいかもしれませんしね。

私は、日勤のみで働いていますが、老健には夜勤も当然あります。

老健の夜勤は看護師1人+介護士2人体制なので、急変時の対応が1人でもテキパキをできるようになってからの夜勤入りを考えたいと思っています。

実際には、老健ナースは日勤常勤や時短パートのスタッフが多いので、夜勤が可能なスタッフが限られています

むしろ夜勤をたくさんして給料アップしたい!という方は、夜勤ができるというだけで重宝されるので、老健の夜勤はおすすめですよ(´∀`*)

アポプラスのコンサルタントさんには、直接雇用になった際の労働条件の交渉をお願いすることになりますが、給料アップや休日数、日勤常勤の希望など、こちらの条件をしっかりと伝えて交渉してもらおうと思っています。

(兵庫県 40代)

 

私立大学の健康管理室での派遣☆アポプラス

アポプラスの派遣求人は、学校や企業の保健室など、人気の求人が多いですね。

企業の保健室が人気なのは、休日がしっかり取れる、残業がない、デスクワークが中心で体力的な負担が少ないなどが理由ですね。

学校の保健室も同じく、ゆったりマイペースに働けるのが魅力ですね!

私が派遣紹介をされたのは、芦屋市にある芦屋大学の健康管理センターです。

健康管理センターは大学の構内にあり、学生や先生、大学職員の方の健康管理をしています。

こちらの健康管理センターは看護師2人が常駐していて、急病や急な怪我などのケアにあたっています。

企業の保健室で勤めていたときにも感じましたが、最近は精神的な相談や心理相談が多く、看護師もカウンセラーのような役割が求められていると思います

大学生なら、卒業後の進路など不安が一杯ですし、企業に入職しても仕事の悩みや不満、スキルアップの目標や人生設計など、いろいろなことを考えながら日々暮らしていますよね。

最近は、メンタルクリニックもオープンになってきて、心理カウンセリングも一般的になってきましたし、こちらの健康相談室はとても親しみやすいというか、気軽に入れる雰囲気があるので、ちょっと立ち寄ってみたりという感じで利用している方が多いと思います。

自分ではなく、家族や身近な人の相談をする人もいますよ。

大学構内では、急な病気や怪我の手当は、それほど多くありません。

手が空いている時は、健康便りを書いたり、PCデータを更新したりしています。

学校では年に2回、健康診断が行われますが、生徒のデータの管理や更新、データチェックや生徒に渡す診断結果の手配や準備などを行っています。

派遣ナースの場合は勤務時間が常勤スタッフよりも短く、10時~16時です。

看護師2人体制なので、バタバタと忙しいなんてことはなく、マイペースにゆったり働きたい人には最適な環境だと思います。

残業はまずありませんので、16時に仕事が終われば、プライベートの時間もしっかり確保できますし、日祝日は確実に休み、土曜日は隔週でお休みなので、仕事もプライベートも充実したい方にピッタリですね(´∀`*)

私はまだ子供が小さいので、16時で終了する仕事はとて助かりますし、業務量的に体も疲れないので、家庭と仕事の両立が取れて嬉しいです。

アポプラスでは、企業や学校の保健室での求人が多いので、仕事とプライベートを両立したい方や、 マイペースに働きたい方にはおすすめですよ(´∀`*)

 

 - 失敗しない看護師派遣会社の選び方について

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アクセライズの口コミ☆看護師派遣求人について

アクセライズキャリアナースの口コミとおすすめ3つのポイント目次1 アクセライズキ …

ナースパワー人材センターの口コミ☆看護師派遣求人について

ナースパワー人材センターの口コミとおすすめ3つのポイント目次1 ナースパワー人材 …

医療ワーカーの口コミ☆看護師派遣求人について

医療ワーカーの口コミとおすすめ3つのポイント目次1 医療ワーカーの口コミとおすす …

ベネッセMCMの口コミ☆看護師派遣求人について

ベネッセMCMの口コミとおすすめ3つのポイント目次1 ベネッセMCMの口コミとお …

パソナメディカルの口コミ☆看護師派遣求人について

パソナメディカルの口コミとおすすめ3つのポイント目次1 パソナメディカルの口コミ …

看護のお仕事派遣の口コミ☆看護師派遣求人について

看護のお仕事派遣の口コミとおすすめ3つのポイント目次1 看護のお仕事派遣の口コミ …

看護roo!派遣の口コミ☆看護師派遣求人について

看護roo!派遣の口コミとおすすめ3つのポイント目次1 看護roo!派遣の口コミ …

MCナースネットの口コミ☆看護師派遣求人について

MCナースネットの口コミとおすすめ3つのポイント目次1 MCナースネットの口コミ …